タバコ止め始めました ~ある喫煙者の苦悩と禁煙外来~

text_main_img_header_02

先月の半ば、何かのきっかけでタバコに纏わる す べ て が嫌になりました。列挙すると・・・

・外や換気扇の下などでしか喫わないはずなのに、服や髪の毛がタバコ臭くなること
・健康に悪いものに一日440円、月間1万数千円を生涯投資(というか投棄)し続けること
・決して多くない小遣いの何割かが文字通り煙と消えること
・喫いたいときには子供を待たせてでも喫煙所へ行きたくなってしまうこと
・よそから見た街角の喫煙所に群がる集団をみっともないと思ってしまったこと
・・・・にもかかわらず辞めようとしない自分

23年間病気の時以外毎日不摂生を続けてきたわけですが、そんなこんなで本腰入れて辞めてみようかと思いました。決意はありません。あくまでも漠然と、です。

大学一年18歳で喫煙者となってから「辞めよう」と思ったことは何度かありました。が、ある時は誘惑に負け、ある時は辞めたことすら忘れ喫ってしまい、そんな失態すらも知らんぷりで過ごしてきたことを知ってる自分としては、「本気で辞める」と言ってもまったく自信がありません。そこで噂に聞く「 禁煙外来 」へ行ってきました。

家にテレビがないのでCMなどは見たことがなく、経験者(失敗者w)の話でしか知りません。曰く「始めは喫っててもいい」「そのうち喫いたくなくなる」とのこと。意志薄弱の自分にはこりゃいいかもしれない。ネットで近所の病院を探し、コストや診療時間などを確認。次の日空いてますとのことでしたので、仕事そっちのけで早速行ってきたのであります。

禁煙外来専門の内科というわけでもないはずなのですが、受付での患者さんの話を聞いてると、ほぼ全員禁煙外来受診の模様。私以外すべて60代以上のおじさんおばさんばかり。未成年がいないのは当然としても意外な年齢構成でした。もっとも平日の昼間ですからね。こんな時間に休みが取れるのは本当にありがたいことです。

名前を呼ばれ、まずは身長と体重。身長172.0cm、体重56.6kg。Gパン分を除くともう少し軽いかも。呼気に含まれる一酸化炭素濃度の測定とやらもやりましたが、こちらは30ppm。かなり悪いんだそうですが、当の本人には全然わかりません。

今度はお医者さんの問診。飲む薬の説明や通院の期間などいろいろと質問しました。
薬は始めの3日は軽いものを1日1錠、4日目から1日2錠、二週目からは倍の強さのものを1日2錠、という感じで量を増やしていきます。この薬はタバコを喫ったときに感じる酩酊感を感じなくさせるものなんだそうで、脳の受容体にニコチンの代わりに蓋をするようなもの、とのことです。「喫いたくなくなるということですか?」と聞いても「いや、喫いたいは喫いたいけど喫いたくないらしい。タバコ喫ったことないからよく分からない」と何とも頼りないお答え。

で、
『始めの一週間は「助走期間」ということでタバコを喫ってても構わないが二週目からは絶対に辞めること』
『タバコは所詮習慣だから、やめようと思わない限り辞められない』
『だから一週目は薬の手助けがあってもタバコの量を減らすこと自体が相当苦しい』
といろいろと言われましたが、(おいおい続くのかそれ、、、)と不安しか感じません。

『ま、いいでしょ』と言われ、何がいいのかよく分からないまま診察室を出て薬局へ。病院など長いこと行ってないのでお薬手帳を作ってもらい、お薬を貰うまでの間に若い薬剤師さんとお話しして「禁煙ですか~?頑張ってくださーい」と半笑いで言われ(この茶髪の小娘が#)と思ったり。なんでもタバコを再び吸い始める人というのは全受診者のうちの半分はいるんだそうで、ますます(できるのか・・・?)と不安になりました。

・・・・・・それから数日、薬を飲みながら量を減らしつつタバコを喫い続けました。お医者さんの言うとおり「量を減らす」というのは想像以上に苦痛でした。だって喫いたいんだもん。ところが、薬の効果が早くも現れ始めたのか、タバコを喫っても美味しいと思わないことに気が付きました。「美味しい」というと語弊があるのですが、正確にはお医者さんの言う「酩酊感」というやつ、これが全くないんですよ。喫煙者にとっては分かるようで理解しがたい状態です。

喫いたいと思って火を付ける→煙を喫うだけの不毛な感覚→途中でやめる→喫いたいと思って火を付ける→~~の繰り返しですから、そりゃアタマとカラダは喫いたくなくなりますわな。注ぐそばからワインが水になるというアレみたいな失望感というのでしょうか。それでも分かってはいるのに「一本だけ・・・」と思ってしまう罪深さ。私の賢いアタマとカラダは「もう喫っても不味いだけだからやめとけ。辞めた自分を今後も誇ろうぜ」というのですが、おバカなココロは「だって喫いたいんだから仕方ない。一本だけ・・・!」と常に葛藤しております。

薬を飲むことによってカラダが物理的にタバコを【必要】としていない(喫ってみたところで酩酊感は得られない)のであれば、結局のところ喫煙とは『あの感覚よ再び!』と習慣的に求めてしまうココロの問題に過ぎないようです。お医者さんの話そのまんまでした。でも喫いたい。この繰り返しですわ。どこまで続くんですかね。服用期間の12週間が終わったら一体どうなってしまうん?

もちろん二週目以降は喫ってませんが、この終わりなき壮絶な葛藤が二回目の受診(二週目の終わり)に体重1kg増となって現れました。高校一年の時の体重が53kgで、それ以降多くても57kg、平均55kgをキープしていたのですが、あっさりと壁を超えてしまう事態に。一週間で1kgも増えるもんなの!?と、体重に気を遣ったことが皆無な私にはなかなかの衝撃でした。お医者さんにも「そういう人は一気に太るからよほど注意しないとダメだよ」と言われ戦々恐々。メタボは嫌じゃ・・・。ちなみに一酸化炭素のアレはビックリの0ppm。確かに煙吸わないんだから吐き出しようもないですね。

そんなこんなでまだ三週目ですが、本格的に禁煙の効果が出てくるのはこれからだそうです。一日2L、ミネラルウォーターを飲みまくり。飲まないとやってらんないっす。

『喫えないことそのものの不安』と『続くかどうかわからない不安』とでいっぱいいっぱいの禁煙生活。状況は体重とともにまたレポートします。

来年に向けて始動!

どうも今年の相続税の試験は雲行きが怪しい…

手応えはあるんですが、それはイコール「他の人も出来てる」ということなので、初受験の新参者としては全然安心出来ません。
受かった年も落ちた年も、出来たとか出来ないとか、とにかく手応えなんて全くアテにならない。ま、それだけ自分は凡庸な人間ってことでしょうけどw

てことで、来年は相続税と財務諸表論を受けるつもりでまずは相続税の復習から始めることにしました。

毎年8月いっぱいは勉強から離れて三週間で20冊くらい本を読んだりするのですが、今年は15冊で打ち止めにして、昨日発売の理論マスター27年度版を買いました。

早速改正点や新設の規定の洗い出しをしました。当面学校には行かない(行けない)ので目を皿のようにして見直ししました。難儀ですな全く。

以下理論マスターの改訂された点。

【改正点】
・小規模宅地等の特例の限度面積要件
居住用宅地等が240㎡→330㎡
混在する場合の限度面積が200㎡(要確認
・遺産に係る基礎控除
5000万円+1000万円×法定相続人の数

3000万円+600万円×法定相続人の数
・未成年者控除障害者控除の一年当たりの控除額
6万円→10万円
特別障害者は12万円→20万円
・相続時精算課税の贈与者の年齢
65歳以上→60歳以上
・延納の担保徴収不要の要件
50万円未満→100万円以下

【新設の規定】
・相続時精算課税の特例
→受贈者が孫でもok(相続発生時には相続または遺贈による取得となる)
・医療法人の持分に係る経済的利益についての贈与税の納税猶予
・同上の相続税の納税猶予
・同上の贈与税の税額控除
・同上の相続税の税額控除
・個人の死亡に伴い贈与または遺贈があったものとみなされる場合の特例

医療法人関係の納税猶予は計算自体は難しくなさそう。でも理論を覚えるのは予備知識ゼロの状態からなので一人で頑張る人は苦労しそうですね〜

新設の規定を早めに覚えて、9月には計算問題も仕入れて、10月からは財表の講義を受講する予定。今まで一年に2科目同時に勉強したことがないので、今後一年はなかなかに忙しくなりそうです。

(今年受かってるといいな…)

私も応援してます《アベ不支持会》

アベとは誰か?
そう、安倍晋三内閣総理大臣です。
the prime minister of Japan の安倍さんです。

私は平成25年10月1日を持ちまして安倍内閣支持はやめました。その後の構造改革という名の日本破壊路線、東京五輪に向けたインフラ整備を口実とした外人労働者受け入れ路線を見るにつけ、あの時の判断は間違ってなかったと確信してます。

もちろん期待することはあります。ここ数カ月で再燃してきた拉致被害者奪還の問題。これは日本人としての覚悟の問題ですし、彼のライフワークとのことですので是非頑張ってやっていただきたいところです。

だからこそ今のダメダメな経済政策、産業政策は支持出来ません!安倍総理自身がハッキリ認識している通り、景気の行く末は内閣支持率に直結するはず。なのにアレでは本気度を疑わざるを得ません。さらには外人労働者を大量に呼び込もうってんですから話になりません。安倍内閣支持者は国賊か?と問いたい。

情けないことに増税により首を締められてるのを認識してるにもかかわらず、2014.08.20現在、内閣支持率は高いレベルを維持してます。デフレ期の増税は1%で5千人の自殺者増とまで言われていましたが、そんなことはお構いなしのようです。支持してる人たちは

1.不勉強
2.全て分かった上での国賊
3.自分が安全な高みにいるネット弁慶

のどれかでしょうね。

こんな状況では麻生太郎すらも財務省に取り込まれるのも無理はありませんし、竹中平蔵に代表されるネオリベが総理大臣の腹心としてデカイ顔をしてるのも仕方ありません。そして日本の破壊はますます進むことになります。

そんな訳で《アベ不支持会》を応援したいと思います。「日本が好き」かつ「安倍さんしかいない」と思い詰めてるそこのあなた。安倍内閣が続くのがあなたの生き甲斐ですか?私は違います。自分の軸足が安倍晋三個人にあるのか、それとも日本にあるのか、よーーーく考えましょう。

今年もカツカレー!

いよいよ明日に迫った税理士試験 相続税法。計算は問題読み落としなどのケアレスミスが相変わらず多いのですが、理論は納税猶予も教育資金の非課税も延納も物納も仕上げたのでイケるかな?

今年の簿記論は電卓の音が聞こえないくらいの難問だったとか。逆に消費税は最終値勝負らしい。どっちもイヤだなぁ…

何はともあれ、半月もお休みさせていただき所長先生、関与先企業のみなさま、事務所のみなさん、何より応援してくれた嫁さん子供たち父ちゃん母ちゃんたちに感謝です。明日は肘が砕ける勢いで頑張って参ります。

ということで今日は去年に引き続きカツカレーをいただいて早く寝ます。

00260805-192338-69818421.jpg

泥棒の話〜その3〜

その2の続きです。

二度目の盗難は、深く考えるまでもなく防げたことでもありました。金庫を用意せず「何かありそう」な棚にお金を入れてたんですからね〜。ある意味一度目より退化してます。そんな反省もあり大型の金庫を早急に手配することになりました。
短いサイクルで被害に遭ったのは立地が悪かったこともあります。裏手は広い駐車場、店の両側は遊歩道と畑、正面は道路を挟んで夜間は営業していない何かの事業所という感じで、住宅地ではありましたが半径50mには家がありません。なので夜になると「盗ってくれ」と言わんばかりの「いい物件」だったとも言えます。
そうしたことも踏まえ簡単には運び出せない重たいものを選んでもらい、一週間後にはようやく当店にも人並みに金庫が据え置かれることになりました。

やって来た新品の金庫は重さ約100kg、高さ70cm、中身は小さい子供なら入れてしまうくらいのごっついものでした。ダイヤルが二つ付いた、メーカーでなければ鍵の複製が出来ない本格的なものでしたが、置く部屋の床がベニヤ敷きのフローリングだったのでボルト固定は不可、というか無意味。仕方なくドンと置くだけにしました。それでも、さすがにアレを持って行くのは無理だろうと誰もが思うような重さであり配置でした。何せ通路が極端に狭いので台車も使えず段差も二カ所あるため、搬入業者でさえ一時間かかりましたからね。

そして。この金庫は新調してから一年も経たないうちにアッサリとヤられてしまいましたorz

今回は最初の盗難と同じスタッフルームの勝手口から盛大に押し入ったらしく、扉は蝶番が歪むほどに全開、搬出に邪魔になるデスクやロッカー、倉庫内の段ボールなとは全て退かされ、肝心のあの重厚な金庫はもぬけの殻。前回、前々回とは明らかに違う物騒な犯行現場の様相を呈していました。

オーナーに電話するも、あ〜…と言ったきりそのまま絶句。警察へは今回は110番ではなく、所轄署の代表電話に直にかけました。アルバイトの交通事故などで何度も何度もかけた「市内局番+0110」。覚えておくとイイですよ。用がないのが一番ですが。

いつも通り?10分ほどでお巡りさんが到着。これまた派手にヤられたね〜と呑気な雰囲気。今回はたまたま前日にオーナーが売上を回収に来ていたので被害は釣り銭の10万円のみ。と言っても、買ったばかりの50万近くする金庫ごと持って行かれたショックは大きく、いろいろと質問を受けたはずなのですが内容はほとんど覚えていません。

侵入してから撤退までの滞在時間は長くても3分」との話は更に衝撃でした。お巡りさんの見た感じでも今回は明らかにプロの犯行。そりゃ扉ぶっ壊すんだから並じゃないよね…

小回りの効く台車やジャッキ、小型のパワーショベルくらいは用意しただろう。見られたらアウトなので、閉店時間や近隣の人気が途絶える時間帯、店内のおおよその構造くらいは下調べしたんじゃないか?内部犯行ってことはさすがにないだろうけど、一直線に金庫を目指してる(通り道以外は全く手付かず)ことを考えると、下見がてら買いに来たり「トイレ貸してください」と奥まで入って来たりしてたかもね〜と、鳥肌が立つようなことをサラッと言ってました。
座席設置型の店舗ではないのでトイレはスタッフ用のものしかないものの、トイレ貸して〜と差し迫ったお客様がいつ来てもいいように綺麗にしてました。使ってもらう時は案内は必ず立てましたが、そんな好意が仇になったかもしれないと思うとさすがにウンザリです。それ以来「セキュリティの都合上お貸しできません」と例外なくお断りするようになりました。世知辛い世の中ですね〜。

何の話をしたのかも記憶にないくらい凹まされ、片付けや残務処理もあったのでその日の営業はアルバイトに全てお任せ。鍵どころか扉の修理、オーナーやsvへの報告、不動産屋さんへのシャッター据付依頼などをしながら更なる防犯対策を考えました。

・釣り銭は捨て銭として割り切る
・金庫は手提げのものにする
・面倒でも夜間金庫を使う

ということで最終的に落ち着きました。金庫が固定できない以上、SECOMやALSOK、警察すらもプロ相手では臨場が間に合わないとの結論です。3分じゃ警備員常駐じゃなきゃムリでしょ。
初めからそうすりゃイイのに!とか言う勿れ。預金口座開設のための書類準備から夜間金庫の手続き、投入のためのバッグ、同梱する金種表、金庫投入そのものは誰がやるのか、などなどぜーんぶの段取りや手配をやりました。オーナーがめんどくさがるのがよく分かりました。が、そこまでたどり着くための被害は修理など含めて二年間で総額100万超でしたから、失ったものの方が圧倒的に多かったのは言うまでもありません。

二週間ほど経った頃、
恐らくおたくのものと思われる金庫が見付かりました。確認のため署まで来て下さい
との電話がありました。扉はこじ開けられていて中身もありません、とのこと。
刑事課だか何だかに行ってみるとそのまま裏の駐車場に案内され、倉庫に置いてあるボコボコに歪んだ金庫とご対面。厚さ5cmはあろう鉄製の扉は明らかに重機か何かの機械でこじ開けられ、もはや金庫としての用は成さなくなっておりました。放置されていたのは市内の河川敷とのことでした。
アレを見た瞬間、前回前々回には感じなかった沸騰するような怒りを覚えました。一生忘れることはないでしょう。被害額の問題だけではなく、金庫が来た時の嬉しさとそれが無残にも破壊された悔しさ、前回前々回も含め散々に振り回された徒労感、夜間金庫なんて面倒な手続きを踏まされたウンザリ感。そんないろんな感情が綯い交ぜになった怒りでした。オーナーが絶句した時の心境もあの時初めて理解できた気がします。

早めに引き取りに来てね〜と婦警さんに言われたので、その日の夕方アルバイトの女の子に私の車を貸して引き取りに行かせました。積み込みは並の腕力では無理そうなのでお巡りさんに手伝ってもらい(この交渉のために女の子に行かせたw)、引き取った金庫は倉庫の奥に格納。私が退職するまで工具入れとして第二の人生を送りました。

泥棒の話はこれでおしまい。少なくとも私の在職中は泥棒が入ることはもうありませんでした。シャッターも閉めるようになったし、鍵や扉も堅牢なものに変えましたので。それでも立地が立地ですからその後ヤられた可能性は充分ありますね。

在日の窃盗ブラザーズが空き巣を繰り返してお縄になったというニュースを見て、久々に思い出したので書いてみました。防犯対策の甘いそこのあなた、ぜひ反面教師にしてください。盗賊に奪われるのは♡だけにしておきましょう。

泥棒の話〜その1〜

今の仕事に転職する10年前まで、約7年ほど某宅配系飲食店で店長をやってました。高校生大学生のアルバイトを多い時で30人ほど使って、忙しくも楽しくやっておりました。飲食店は世の中が休んでる時、楽しくやってる時に働くのが仕事なので、休みも食事も不定期なのがあまりよろしくなかったですが、人を使って仕事をする経験を20代で得られたことはしんどいながらも糧となりました。
その辺の話は気が向いたらいずれまた。今回は泥棒にヤられたお話です。

うちは元旦以外毎日営業してましたので、お店の釣り銭は常時10,000円を10個に小分けして用意してました。日々の売上金は小さめの金庫に入れていて、週一ペースでオーナーが回収に来る、という緩ーい感じ。田舎町だったこともあって防犯意識は高くなかったですね。
小さめの金庫と言ってもA3コピー用紙が平積みで5束は入る容積があり、2人でも持ち上げるのはやっと。鉄製で50kgはあったんじゃないかと思います。それでも目立つところには置けないので、一番奥の物置部屋の隅っこにセットしておきました。

ある日いつも通りに出勤すると、スタッフルームの様子がどこかおかしい。整理整頓がなっとらん!といつも怒られてはいたものの、ここまで散らかしたかな??デスクの引き出し全開なんてことは流石に…

えっ!?泥棒!?

とビビりながら周りを見渡すと、勝手口の鍵周りのガラスが割れてる!もしかしたらまだ奥に潜んでるかも…とホウキ片手にgkbrしながら奥まで行くと、案の定金庫がありませんorz

とりあえず族がいないことは確認できたので、まずオーナーに連絡してから110番しました。もうお巡りさんが来るまで心臓バクバクでしたよ。

制服私服のお巡りさんが5〜6人やって来て、店中の写真を撮りまくり、いろいろ質問され、「ご協力ください」とかなんとかで銀色の粉で指紋を採られました。
盗まれた金庫はもちろん施錠してありましたが、中身は30万円ほど入ってました。おいおい30万の粗利出すためにいくら売らなきゃいけないか分かっとんのか!?と頭に来る暇もなく警察の対応に追われました。裏手の様子を案内するために外に出ると野次馬の高校生が大量にいるwwTシャツにGパンという冴えない格好だったので、もしかしたら犯人に思われてたのかも!と思うと多少愉快ではあります。

そうこうしてるうちにワラワラとアルバイトも出勤し始め、「鉄砲撃ったことある?」「犯人捕まえたことある?」などなど警官たちを質問攻め。オーナーがプリプリしながら釣り銭を届けに来たので顛末を報告し、お巡りさんもようやく退去。食材の準備もろくに出来てないのでオーナーにも手伝わせて忙しい時間を迎えたその頃。

「おたくの金庫らしきものが発見されました。もうすぐ職員が届けに参りますので確認をお願いします」

と警察から電話がありました。「今忙しいんで後にしてもらえますかね?」とも言えず、すぐに届ける?どういうこと?と思ってると、やいのやいのとお巡りさんが4〜5人来店。ドアチャイムに反応したアルバイトたちが一斉に「いらっしゃいませー!」でお出迎えw
(注:躾って怖いですね。おふざけじゃないんですこれが。お客としてコンビニにいても、店員さんがいらっしゃいませ〜と言うと一緒に声出しそうになるんですよ)

戸惑い半分の警官たちに睨まれつつ恐縮しながら外に出ると、愛おしい私の金庫が!

どうやら運び出された金庫は20mほど裏手にあるゴミ置き場に捨ててあったとのこと。当店のマグネットが貼ってあり、形状などからもうちので間違いないだろうということで、通報を受けて赴いたお巡りさんたちがひーこら言いながら交代で運んでくれたのでした。運び出しにくくするためツルツルと滑りやすく、みなさん汗だくでした。

プロであれば軽トラなどで遠くまで運んでバールなどでぶっ壊すはずなので、もしかするとイタズラ目的かもしれない。またはお店に恨みがあるアルバイトとかが嫌がらせで運び出したのかもしれませんね、とのこと。
そっちの方が怖えよ!と思いつつ中身の無事も確認して、お礼にポテトと唐揚げをたくさん焼いてお渡ししました。

閉店後にオーナーと食事しながら「あの金庫ではヤバイから新しくデカイの買おう。それまでは売上は自宅に持ち帰るとか、釣り銭は日替わりで店内に分散して隠しておくように」とのお達しがありました。
それはそれで恐いな…と思いつつ、デカイのが来るまでは仕方ないか、と安堵と疲労でその日は帰ってすぐに寝ました。

その2に続きます。喉元過ぎれば何とやら。人間てバカですね…

今年の反省と来年の抱負

だーれも読まないであろう記事w
一応「デジタル嘔吐袋」ですので思いつくままに吐き出します。

*家庭*
年の瀬に同居の義母がヒステリーを起こしました。「まーた始まったよ…」とため息つきながら子供達も露骨にウンザリ。
来年こそは別居したいですな。結婚してから来年で早くも10年。我ながら我慢したと思う。もーいいでしょ。
結婚に際して同居することにしたのも義父が亡くなったばかりで心配だったからだそうだけど、この調子じゃこっちがストレスで殺されるわ。

*勉強*
おかげさまで三年目にして合格できました。この勢いを何とか活かして相続も頑張る。
当たり前だけどこれしかないなぁ。

*仕事*
凡ミスを撲滅。傾向として致命的なミスは事故以前に気付くのだけど、凡ミスに気付かず真っ青な事態に発展してるケースが多々ある。めんどくさがりからのチェック漏れ、あるいは手続きすっ飛ばしが大方の原因ぽいので急がば回れの徹底。

*鉱物*
・母岩付きパイライト
・水入り瑪瑙(音が聞こえるもの
・500円標本の充実、整理
・御徒町以外の店舗開拓
・ミネラルショー行く

*政治*
最近集会にはあんまり行けてないので積極的にチェックする。