エンゼルマークはもう要らない(合格28逃しました泣)

すでに松も明けてしまいましたが、あけましておめでとうございます。今年もよろしくお願いいたします。

 

昨年平成28年の税理士試験、簿記論と財務諸表論の二科目を受験し官報合格を狙いましたが、残念ながらどちらともA判定で玉砕しました。所得税で2個、相続税で1個、簿記論1個、財務諸表論1個となり、Aが5個:合格3個と負け越してしまいました・・・。

敗因は大きく3つ。

  1. 始動が遅すぎた
  2. 教材をケチりすぎた
  3. ヤマを張りすぎ

1:周囲は簿財の同時受験を勧めてくるものの、財表の理論をどう学習してよいのか手探りだったこともあって一月いっぱいまで科目選択を迷っていました。モタモタしているうちに地獄の確定申告シーズンが到来、なんだかんだと気合が入ったのは4月に入ってからという有り様。実際に同時受験してみて手応えを感じたので、当然今年も二科目受験します。今は個別論点の洗い直しをしている最中。2月からは忙しくなりますが、総合問題を一日一題でも解いていく予定です。

2:ちょうど答練が始まる時期に引っ越しをしてしまい、カミさんに「出費がかさんだので学校代は出せません」と言われ、仕方なく直前期は財表の資料通信のみで凌ぎました。もちろん市販の問題集をいくつか用意してカバーしましたが、あまりの五里霧中ぶりに経験したことのない恐怖と緊張を覚えました。問題の丸付けをしてて手が震えたのは初めてですw資料通信で充分なので今年はちゃんと受講したいですね。

3:財表の理論の話ですが、あちこちの出題予想を踏まえて、ほぼ出題可能性の高い論点のみを学習しました。一部スラスラと書ける問題もありましたが、理論はほぼ壊滅。今年は真面目に理論書から読んでいます。

 

自分ではそのつもりは毛頭ありませんでしたが、総じて「馬鹿にしすぎ」と言えると思います。今年こそ官報に名前を載せるべく、謙虚に頑張っていく所存であります。

img_5622

未来を見つめるダルマ三兄弟

広告