TPP反対!in永田町

今日は午前中に神田の免許センターで免許証の更新をしてきました。理不尽な事故でお子さんを亡くされたお母さんのお話をビデオで見て、改めて安全運転をしようと心に誓いました。うちの子たちにも言って聞かせよう。我が家には車がないんですが、たまに借りて乗りますしね。

悪魔の手先の巣窟

ここが人類の敵の巣窟、経団連ビル。輸出免税の還付金かき集めて建てたんでしょうか?妙に立派です。米倉モンサントじいさんはここで高笑いしてるんでしょうかね。燃えてしまえ。

・・・と、理不尽な怒りを胸に半蔵門線で一路永田町へ。水島さんのダミ声の聞こえる方へ歩いていくと、日の丸の林が見えてきました。

見えてきた

この立ち位置の右手に「慰安婦」「被害者」といった文字が見える紙を持ったおばあさんが3人ほどいましたが華麗にスルー。

国会議事堂

場所は国会議事堂の裏手。中学の修学旅行で来た時には修繕中だったのを思い出しました。中も入ったはずですが全然覚えてないや。。。

ここで拝聴

衆議院第二議員会館の入り口前で、お借りした日の丸を持って一時間ほど水島さんのお話を聞きました。春一番で天気も良く、平日でしたが100人くらいおられたようです。白いワゴンの前のマイクの人が水島社長。

今現在、安倍総理がTPPを「やりたいのか」「やりたくないのか」は正直まーったく分かりません。でも、TPPの危険性そのものは分かっているはず。それでも交渉に参加するというのであれば、安倍総理支持の立場だからこそ反対の声を上げていかなくてはなりません。

どういう了見かは分かりませんが、世論調査では6割がTPP交渉参加賛成、だそうです。危険性を知った上で日本の外交力には全幅の信頼を置いている人がほとんど、というのであれば、日本人は戦後自虐史観からすでに脱却してることになるので安倍総理すら不要のたくましい民族ですが、そんなはずもなく単に危険性を知らないだけでしょう。残念ながら今の日本にはそこまでの外交力はないと思いますが、もしかしたら安倍総理自身はは「そうじゃないんだよ」と考えているのかもしれません。今は刀を研ぐべき時期と考えているのかもしれません。いずれにしても我々としてやることは一つ。金融資本による暴力的搾取には断固反対せねばなりません。

日の丸

いやーなお仕事の時間が来てしまったので、ちょっと早めに失礼しました。片手でiPhoneで写真を撮るのはなかなかに至難の業ですね。全然写ってないしwせっかく立派な日の丸をお借りしたので周りにお願いして写真撮ってもらえばよかった。。。

「この辺で写真撮ったら怒られますか?」とおまわりさんに聞いたら、「(何だこいつ)どーぞどーぞ」とのことでしたので、ぐるっと回って写真を撮りながら帰ってきました。

衆議院議員会館

衆議院第一議員会館。街宣やってたのは第二議員会館で、あちらは1分間に3台ペースで車が出入りしてたんですが、こちらは人の気配がほとんどありませんでした。なんで?

首都高

国会議事堂の裏手を抜けて右に曲がると外堀通りの向こうに首都高速道路が見えてきました。写真は撮らなかったのですが、高架下には「はしげたをなおしています」の看板が出てました。公共事業万歳!

首相官邸

ぐるーっと回って首相官邸の真正面。私の背後には交差点でいつでもバリケードで結界を張れるようにおまわりさんがたくさんいました。中の人も外の人もお勤めごくろうさまです!

水島さんもよく仰っておりますが、TPPは日本の国のあり方を根本から変えてしまう恐れがあります。しかも中心となって話を進め、やいのやいのと煽り立てているのは民意ではなく、単なるパワーバランスで選ばれた人たちです。彼らサイドから聞こえてくるのは、儲かる儲からないの抽象的な話ばかりで、しかも10年で3兆円なんて小銭欲しさに国を売ることも厭わない。心の底から 消えろ と念じたい。

いい笑顔。。。

本日のねずきちさん主催のメルマガ『日本の心を伝える会』メールマガジンNo.637  2013/3/1 より勝手に拝借させていただきました。

ホームページ
http://www.nippon-kokoro.com/

日本を守るために20歳前後で散華された、私の半分ほどしか生きていない70年前の若者の底抜けの笑顔の写真です。私の父方のじーちゃんは帝国陸軍立川飛行場の整備兵として終戦を迎えたそうですが、「飛んで行った友達は誰も帰ってこなかった」と、一度だけ話してくれました。10年ちょっと前に83くらいで亡くなったので写真の方々とほぼ同年代でしょう。徴兵で招集された若者たちが言うところの「友達」という感覚は計り知れないものがありますし、その「友達」を整備兵として死地へ送り出さなくてはならない悔しさや、孫に「友達が誰一人帰ってこなかった」と語って聞かせたときの思いはどんなだったのでしょう。それを思うと居ても立ってもいられなくなります。

そうまでしてじーちゃんたち・ばーちゃんたちが守った日本をこのままTPPなんぞに食われていいわけがない!米倉さん、あなた方はほんとにこのまま進んで行くことが善いと思うのか?あと10年でお迎え来るんでしょ?その時あなたはご先祖様に胸を張れるのか?

ご先祖さまからお預かりしたこの国をよりよくして次世代に引き継ぐ。もしかしたら先人たちはそんな偉そうなことは考えてなかったのかもしれません。それでも自分が死んだら「無事守り抜きました」と報告できる生き方をしたいと思います。そのためにもTPP反対!

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中